夏休みは沖縄旅行で夏を満喫!

夏休みの楽しみ方

さぁ夏休み!思いっきり楽しもう!!

特集

国内なら絶対沖縄!

夏休みといえば、沖縄!

国内なら絶対沖縄!

夏の国内旅行といえば、何はさておき沖縄!夏の沖縄の楽しみ方を紹介します。同じ日本とは思えないほどクリアに透き通る海とどこまでも広い空に、いやでも夏気分が盛り上がりますよ。沖縄には、那覇本島の他、宮古島や石垣島、慶良間諸島などの離島もあるので、プランを立てて思う存分楽しみましょう。

沖縄の夏の気候は?

南国沖縄は、高温多湿。年間平均最低気温は20.8℃、年間平均最高気温は25.7℃と、一年を通して気温の高低差が穏やかです。夏は猛暑のイメージがありますが、海風が吹くこともあり35℃を超える日は意外にも少ないのです。その代わり、天気は変わりやすいという特徴があり、スコールや台風などはしょっちゅうです。
沖縄で気をつけたいのは、日差しの強さです。夏はもちろん、一年中日焼け対策が必要なほど紫外線指数が高い地域です。夏休みの沖縄旅行では日焼け止め対策を万全に!特に海遊びの際は日焼け止めを塗っただけでは安心できません。薄手のTシャツやラッシュガードなどを羽織って日差しをガードしましょう。甘くみているとやけど状態になることもあるので、くれぐれも注意して!

メインはやっぱりビーチ!

沖縄の夏といえば、ビーチがはずせませんよね。海での遊びは泳ぐだけじゃありませんよ。シュノーケリングやダイビングで海の中に広がる世界と優雅に泳ぐカラフルな魚や神秘的な珊瑚を眺めたり、バナナボートやシーカヤックなどのマリンアクティビティを楽しんだりと、時間がいくらあっても足りないほど色々な遊び方ができます。沖縄の夏はたくさんの観光客が集まるシーズンなので、マリンアクティビティを楽しむには早めに予約しておいた方が無難です。

観光スポットも要チェック!

沖縄には、世界遺産にも登録されているパワースポット「斎場御嶽」や、観覧車が目印のおしゃれなリゾートエリア「美浜アメリカンビレッジ」など、様々な観光スポットがあります。那覇市の繁華街といえば国際通りですが、国際通りに行ったら屋台村ものぞいてみましょう。沖縄そばや泡盛など、沖縄の食材を使った郷土料理を楽しめます。
また、日本一人気があるといわれる水族館、「沖縄美ら海水族館」もはずせません。水槽の中を優雅に回遊する巨大なマンタやジンベエザメの姿に感動すること間違いなしです。さらに、「恋島」ともいわれる離島、「古宇利島」にも足を伸ばしてみましょう。離島ですが、那覇から橋がかかっていて車でわたることができます。古宇利オーシャンタワーから眺める古宇利大橋と青い海はまさに絶景です。

南国フルーツを使った絶品スイーツ!

沖縄に行ったら絶対に食べたいものが、マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツです。本州ではなかなか食べられないおいしさに感動!さらに、それらのフルーツを使ったパフェやスムージーなどのスイーツがまた、絶品。人気のスイーツ店をめぐって食べ歩いてみるのも楽しいですよ。

情報は「たびらい沖縄」でゲット!

「たびらい沖縄」は、沖縄旅行の観光情報からツアーやレンタカー、ホテルなどの予約まで、必要な情報がほとんどそろう総合サイトです。沖縄に行くならぜひチェックしてみて!

  • >たびらい沖縄ご利用はこちらへ

こちらもオススメ

免許がないなら合宿プランで
免許がないなら合宿プランで

夏休みの楽しみといえば、ドライブ。でも免許持ってないし・・・という大学生は、合宿プランでさくっと免許をとっちゃいましょう。自動車教習所に通うとそれなりの日数と費用がかかりますが、合宿プランなら短期間でしかも安く取得できるんです。車はなくても運転免許さえあれば、レンタカーでドライブを楽しめますし、運転免許があると何かと便利です。せっかくの夏休み。旅行気分もかねて、免許合宿自体を楽しんじゃいましょう。予約はお早めに!

一人旅で人生が変わる
一人旅で人生が変わる

大学生に一度はチャレンジしてもらいたい夏休みの楽しみ方が、一人旅です。一人旅は、若いうちに経験しておくほど、メリットが大きいと言えます。一人で旅に出ることで、今まで気付けなかった自分を知る機会になります。さらに、素直な気持ちで自分自身と向きあう時間を得られます。旅をするには、体力も必要ですから、若いうちの方がいける範囲も広がるでしょう。若いうちに多くの経験をしておくことで、その後の人生がより豊かなものになります。

自分に合った選び方
自分に合った選び方

夏休みを満喫するにはお金も時間も必要ですから、大学生の夏休みは遊びとアルバイトで大忙しです。せっかくならアルバイトも夏を満喫できる場所で働いてみませんか?音楽が好きな人なら夏フェスのアルバイトもオススメですし、夏休みをめいっぱい使ってアルバイトするならビアガーデンもありです。夏休みを何日ぐらいアルバイトに費やすのか、どのぐらい稼ぎたいのかなど、計画性をもって、自分に合うアルバイト先を見つけましょうね。